流通を分析する

レジスター

あった方が便利

商売をするのに必要不可欠なシステムとして、pos というものがあります。posは日本語で「販売時点情報管理」といいます。これは人海戦術で処理しようとするとコストが高くなる分野です。posシステムは情報を取り出しやすくあらかじめ型に情報を合わせておくことで分析が楽に行えます。 特にレジでposを利用する場合には特に必要性が高まります。殆どのposシステムは在庫管理を備えています。レジからの情報で在庫の補充や次の仕入れの参考になるからです。また、商品を販売する業態の場合は売り上げの情報と同時に商品の人気という情報も必要になります。これは商品の需給と供給のバランスを調べることで余計な在庫を抱えなくて済むようにするためです。それだけ利益に繋げられる機会が増えるのです。また、posを利用すると簡単に情報を集められる点も魅力です。レジでposシステムが活躍するのが販売情報を集める場面です。売り上げ情報や人気情報などの煩雑になりやすい情報を良くまとめておくことは、売り上げを左右するのでとても重要です。しかしあらかじめ調べる項目を絞っても、調査の段階で個人の能力で精度に差が出てしまっては台無しになってしまいます。その点で情報を入れればいいだけで済むposレジは非常に便利で強力です。posシステムは情報集めが簡単に出来ます。バーコードなどで前もって入力しておいた情報にアクセスすることで個人の負担を軽くします。また、入力ミスということが殆ど無いので余計なミスを心配しなくても済みます。